病院における臨床薬剤師の主な仕事について




■より専門的な知識が求められる


臨床薬剤師には特別な資格が現段階ではありません。


しかし実際に働くとなると、一般の薬剤師よりも専門的な知識が必要となります。


2006年に大学の薬学部が4年制から6年制に変わったことで、より専門的な知識が
学べるようになりましたので、今後臨床薬剤師が増えることが予想されます。


それ以前は、大学院以上の教育機関で高度な薬学に関する知識を学んでいます。


今だに臨床薬剤師が高い地位にある米国へ留学されるケースも少なくありません。


臨床薬剤師が活躍できる場は確実に増えています。


総合病院や大学病院だけでなく、専門的な医療機関や研究機関で求められています。


【 もっといい環境で働こう! 】 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人 >>






■病院での臨床薬剤師の主な業務


臨床薬剤師の主な仕事は、入院患者さんの薬療法に対して「 薬剤 」の投与をどのよう
にするか決めることです。最初に患者さんに関するデータを収集します。


薬療法で気をつけなければならないのが副作用です。薬を投与する場合、必ず副作用が
生じます。この副作用をいかに抑えるかが、臨床薬剤師の腕の見せどころとなります。


まず血中濃度に対し、患者さんに最適な薬剤の「投与量」を求めます。


患者さんの「健康状態」に適切な投与量を割り出すことに成功したら、その数値を医師
に伝えます。このため時に患者さんと医師との橋渡し役も買って出ることになります。





■常に新しい知識を学び続けなければならない


臨床薬剤師は、入院患者さんだけでなく、外来患者さんに内科的な処方を行なうさいも、
薬剤の投与量を割り出しますので、その仕事量のあまりの多さに驚愕します。


臨床薬剤師は、難易度の高い病気だけでなく、がんセンターのような専門的な医療機関
でも求められ、多くの医療機関で臨床薬剤師を育成しようとする動きが出ています。


医療機関側は、より良い人材をしっかり確保するために研修を行っています。


医療に関する知識や技術は日々進化しているので、それに合わせて薬療法も変化が求め
られます。ですので、臨床薬剤師も常に質も高めていかなければなりません。


【 薬剤師限定 】 最短3日で年収200万円アップ!! >>



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。