■病院以外で臨床薬剤師が活躍できる場とは?


薬剤師さんの仕事というと、白衣姿で処方箋にあわせて薬を処方するイメージが強い
わけですが、すでに薬剤師さんの働き方は、かなり多様化しています。


とくに医療機関での医療分業が進んだことによって、活躍の場は広がっています。


その代表が臨床薬剤師です。臨床薬剤師は病院にて調剤業務や服薬指導など、薬剤師
としての仕事は勿論行いますが、働く場所は医療機関だけにとどまりません。


製薬会社や研究機関などで、薬の開発や研究でも、大いに力を発揮しています。


【 薬剤師限定 】 最短3日で年収200万円アップ!! >>






■キャリアップのための理想的な仕事


臨床薬剤師には特別な資格は必要ありません。


薬剤師の資格があれば、基本的にはだれでも臨床薬剤師として働くことができます。


薬学部卒業後に調剤薬局で薬剤師としてのキャリアをスタートさせ、「臨床薬剤師」
となってキャリアアップされた方は、決して少なくありません。


そうした方の多くが目を輝かせながら毎日働いています。





■治験での臨床薬剤師の仕事


臨床薬剤師として製薬会社や研究機関で薬の開発に携わります。


総合病院や大学病院など規模の大きな病院では入院患者に対して調剤業務だけでなく、
服薬指導として服用する薬の説明を行わなければなりません。


これらの仕事は非常に大きな責任を伴います。


薬の開発は薬の有用性と安全性を同時に確かめるために治験を行います。


しかし、治験における薬の投与や血液検査は、本来であれば医師の仕事です。


ですので、臨床薬剤師は治験におきましても医師をサポートします。





■治験で求められる臨床薬剤師の役割とは?


開発側が意図する効果がきちんと得られるために患者さんの健康状態を確認するのも
大事な仕事です。そのうえで過去に服用した薬についてなども確認します。


治験での臨床薬剤師は、単に集団の中で働くだけの存在ではありません。


スタッフ及び患者さんとの橋渡し役的なことも率先して行います。


このため高度なコミュニケーション能力がどうしても必要です。


また、臨床薬剤師として活躍されている方の多くが、薬科大学大学院以上でなければ
取得できない高度な知識やスキルを習得しています。


人によっては海外へ留学されている方も少なくありません。


それと同時にコミュニケーション能力を高める必要があります。


【 もっといい環境で働こう! 】 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人 >>



« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »