■がん治療で求められる役割とは?


がん治療における薬物療法が急速に広がってます。できるだけ患者さんに「肉体的」
な負担をかけずに効率よく治療するためにも薬物療法は欠かすことができません。


そうした中で臨床薬剤師の役割も確実に広がっています。


臨床薬剤師の仕事は、患者さんの血中濃度データをもとに投薬設計を行ったり、入院
患者さんに投与する薬について説明を行うのですが、中でも投薬設計は重要です。


これにより副作用を抑え、服薬リスクを大幅に軽減することができます。


【 薬剤師限定 】 最短3日で年収200万円アップ!! >>






■臨床薬剤師の主な仕事は投薬設計


病院に入院している患者さんの中には病気が完治する見込みのない方もいます。


がんなどの重い疾病を患っている場合、肉体的にかかる負担は常軌を逸しています。
苦しみ、痛み、吐き気などを常に抱えた状態で毎日をすごさなければなりません。


そのような状況にある患者さんに対して内科的処方を行うことが検討されます。


そうした場合における「投薬設計」に関しても臨床薬剤師が行います。


臨床薬剤師は、病院内で調剤を行うことは少ないです。


チーム医療の一員として実践的な医療と関わらなければなりません。


このため、高度な専門知識がどうしても必要となります。


現状では大学院で修士以上の資格を得た人が臨床薬剤師として活躍されています。





■病棟で求められるスキルとは?


臨床薬剤師の活躍の場は総合病院や大学病院などの大型病院や、がんセンターなどの
専門施設です。また内科医と接する機会が多いのも特徴の一つです。


このため、必然的に患者さんと直接接する機会が増えます。


臨床薬剤師に求められる役割は年々大きくなっています。


患者さんと医療スタッフの橋渡し役的なことを強く求められるため、どうしても高い
コミュニケーション能力が必要になります。中でも「聞く力」が重要になります。


薬物療法は患者さんの病状を治療するだけではありません。


できるだけ副作用を抑えて患者さんの痛みを最小限に抑えることが求められます。


患者さんに心を開いてもらうためにも真摯に向き合わなければなりません。


【 もっといい環境で働こう! 】 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人 >>



« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »