臨床薬剤師に関する様々な情報について解説しています。「臨床薬剤師とは?」にはじまり、 臨床薬剤師の転職事情までをしっかり網羅しています!!
■今いる職場の将来性を考える! もしこれから「臨床薬剤師」として働くのであれば、自身のキャリアプランに沿って、 しっかりとスキルを磨けるところへ「転職・就職」すべきです。 すでに臨床薬剤師として働いている方の場合は、今いる職場
■日本での臨床薬剤師の地位は高くない? 日本ではアメリカのように「臨床薬剤師」の確固たる地位がありません。 ちなみにアメリカでは「 臨床薬剤師 」として働くためには、どうしても臨床経験が 必要となるため、専門的知識をみにつける
■復職するにあたり最も大きな障害とは? 女性の場合、結婚や妊娠、出産、育児などによってどうしてもブランクが生じます。 しかしブランクが生じても、臨床薬剤師として復職するのは、全く問題ありません。 復職するにあたって、もっとも大
■チーム医療に欠かせない存在! 病院に勤務する臨床薬剤師は、医師の先生を筆頭に一つのチームが組まれ、その一員 として働くわけですが、服薬に関して患者さんと接する機会が当然あります。 また場合によっては医師との橋渡し役も行います
■求められる役割が日々大きくなっている 医療機関における臨床薬剤師の役割は年々大きなものとなっています。 ここにきて分業化が急速に進んでいるため、どこの病院でも臨床薬剤師を求める声が 高まっていますし、それに呼応する形で臨床薬
■臨床薬剤師は今後さらに求められる! 臨床薬剤師は、より高度な薬剤師としての専門知識が求められます。 このため毎日真面目に働けば良いというわけにはいきません。残念ながら 常に勉強しないと新しい知識の習得が困難です。
■臨床薬剤師に求められる役割とは? 病院における臨床薬剤師の仕事は非常に重要です。 分業化によって臨床薬剤師の活躍の場は確実に広がっています。 入院患者さんへの服薬指導を行いながら、薬剤内容についてしっかりと説明します
■病院以外で臨床薬剤師が活躍できる場とは? 薬剤師さんの仕事というと、白衣姿で処方箋にあわせて薬を処方するイメージが強い わけですが、すでに薬剤師さんの働き方は、かなり多様化しています。 とくに医療機関での医療分業が進んだこと
■がん治療で求められる役割とは? がん治療における薬物療法が急速に広がってます。できるだけ患者さんに「肉体的」 な負担をかけずに効率よく治療するためにも薬物療法は欠かすことができません。 そうした中で臨床薬剤師の役割も確実に広
■製薬会社勤務の臨床薬剤師の役割とは? 臨床薬剤師として製薬会社に勤務する場合、その仕事の大半は「薬学」に関する様々な ことを研究しますので、医薬品業界全体の発展にその持てる力を注ぐことになります。 株式を上場している大手製薬
| 1 | 2 | 次ページ >>