「薬剤師としての評価を自ら下げてしまう理由とは?」


薬剤師として培った実務能力と経験を生かせる仕事は思いのほか多いです。ですので未経験
の職種への転職であっても、何らかの形で関連する事柄をアピールしましょう!。


薬剤師の国家資格は唯一無二の資格です。薬学の知識が豊富であっても、国家資格がなけ
れば薬剤師として働けません。国家資格があって実務経験があれば怖いものはありません。


とはいっても、未経験の職種へ転職するとなると、この大事なことを忘れてしまいます。未経験
であることを必要以上に負い目に感じ、自分を低く見定めて売り込んでしまいます。



「薬剤師としてのアピール材料を掘り出すには?」


これではどんなに頑張っても採用される可能性は低いでしょう。これは薬剤師の転職に限らず、
未経験の職種に転職するさいに多くの応募者が陥りやすい過ちですので注意してください!。


薬剤師として職歴には示すことができない専門知識、接客経験(クレーム処理を含む)などは、
応用できる技能ですので、未経験の職種であっても十分アピールできます!。


また、業務上における目標達成意識や忍耐強く業務を遂行する継続力なども、十分なアピール
材料なので、、求人先が求める人材像や実務能力を理解したうえで、アピールしましょう!。



「求人先に共感できる点をアピール!」


「貴社の経営理念に敬服し・・・」、「貴社製品に魅力を感じ・・・」といった求人先に対する共感も、
露骨なマニュアル表現から離れてさえいれば、採用担当者の興味を引きやすいです。


誰でも自分の会社や属している組織が褒められて気分を害する人はいません。他にも本当に
魅力を感じた点があるのであれば、それがどんなに些細なことであってもアピールすべきです。


そうしたアピール材料と自分自身の売りとが結びつけば最高です。例えば求人先が質の高い
サービスを提供しているのであれば、薬剤師としての接客経験が大いに役に立つわけですから、
些細なことと思わずに、積極的にアピールされることをおすすめします!。



「履歴書や職務経歴書の作成も全部おまかせ!」


薬剤師の転職は「 リクナビ薬剤師 」におまかせ下さい。質の高い求人情報だけでなく履歴書や
職務経歴書の作成から面接対策までキャリアアドバイザーが親切丁寧に指導してくれます。

「リクナビ薬剤師」公式サイト>>


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »