「薬剤師として人と接することができる点をアピールしていない!」


薬剤師は高度なスキルと確かな知識がなければできない難易度の高い仕事でありながら、
病院や調剤薬局では患者さんをはじめ人と接する機会も多いです。


このため、職種によっては、「 サービス業 」的側面もあるため、お客様と接する機会が多い
業務内容の記述がある人が優先されるケースが少なくありません!。


どの業界でもコンプライアンスが重視され、薬剤師といえどもコミュニケーション能力がより
問われている時代において、しっかり人と接することが出来なれば仕事は成立しません。


職務経歴書では、この点(業務においてしっかり人と接することができる)をアピールしなけれ
ばなりません!。これをアピールするのとしないのとでは、採用担当者の評価が変わります。



「薬剤師として復職するさいの注意点!」


薬剤師の仕事は間接的に人の命に関わる仕事なので、安心して仕事を任せられる人でなけ
れば雇うことができません!。ですので、人物像が非常に重要になります!。


履歴書・職務経歴書で貴方という人物像がしっかり相手に分かるようにしなければなりません。
例えば薬剤師として働いていない期間が数年間あったとしてます!。


それ自体は特に問題ありません。問題は「その間どのようなことをやっていたのか?」です。


語学留学したり、かと思ったら薬剤師とは全く関係のない資格を取得し、しかもその資格に関係
のない仕事についたりといった具合に、チグハグな職歴からは「安心して仕事を任せられない」
と思われる可能性が高いです。ですので、なぜそのようになったのか理由を補足して下さい。



「マッチングをしっかり考える!」


薬剤師の求人で職種によっては英語力が求められるケースが増えています。多くの薬剤師さん
が英会話を勉強されていまして、その数は年々確実に増えています!。


求人情報に語学力を求められている記述がある場合は、それを裏付けるものが必ず必要です。
しかし、中・高生のときに取得した英検3級~2級程度の資格は無価値と考えて下さい!。


留学経験がある、TOEICでスコアを700点以上獲得したといった程度の裏付けがなければ応募
すること自体が無謀となります。マッチングが非常に重要なので、その点も考慮しましょう!。



「履歴書や職務経歴書の作成も全部おまかせ!」


薬剤師の転職は「 リクナビ薬剤師 」におまかせ下さい。質の高い「求人情報」だけでなく履歴書
や職務経歴書の作成から面接対策までキャリアアドバイザーが親切丁寧に指導してくれます。


「リクナビ薬剤師」公式サイト>>


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »