「管理薬剤師はなぜ残業が多いのか?」


管理薬剤師は、他の薬剤師と比較しても勤務時間が長い傾向にあります。勤務先の業務に関する
様々なことを管理しなければならない立場にあるため仕方がありません。


薬事法で定められている管理薬剤師の勤務時間は週40時間ですが、仕事がら勤務時間内に仕事
を終えることができずに、そのまま残業になるケースが圧倒的に多いです。


やはり、管理薬剤師は様々な責任を負う立場にあるため、必然的に残業が多い職種といえますが、
残業が多いということは、そのまま賃金にプラスされますのでメリットでもあります。



「残業が多いことで得られるメリット」


医療関係の職種と他の職種と比較した場合、圧倒的に平均賃金が高いとされていますが、残業の
多さが半端ではありません。医師や看護師は日勤と夜勤を交互にこなさなければなりません。


薬剤師の場合は夜勤はありませんが、決して残業が少ない職種ではありません。しかし、上述した
とおり、残業代は通常よりも高い時給換算になります。サービス残業はゼロです。


「そんなの当たり前でしょう!」と思われるかもしれません。しかし、一般的なサラリーマンの大半は、
サービス残業を余儀なくされています。この点に関しては非常に恵まれているといえます。



「管理薬剤師でキャリアアップしよう!」


管理薬剤師は、多岐にわたって責任も大きいですし、労働環境も過酷ではありますが、その分やり
がいがありますし、手当なども手厚いので収入面では文句なしに恵まれています。


もし、管理薬剤師を目指すのであれば、勤務時間がそれまで以上に長くなることを覚悟する必要が
あります。とくにドラッグストアの場合は開店から閉店までの営業時間が長いところが多いです。


様々なことを管理しなければならない立場にあるため、残業は多いですが、管理薬剤師は多方面
に渡って貢献できる大変重要な職種です。是非管理薬剤師を目指してキャリアアップしましょう!。


【薬剤師限定】 希望条件で転職80%以上!あなたのご希望は?


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »