「勤務先によって業務内容が異なる」


管理薬剤師は、病院保険薬局、調剤薬局、ドラッグストア、医薬品卸業、製薬会社といった、
医薬品の取扱いにはじまり、販売および製造を行う所に必ず配置しなければなりません。


薬事法によって義務付けられています。ですので、管理薬剤師は薬剤師としての顔と管理者
としての顔を持っているため、こなさなければならない雑務が山のようにあります。


まず管理者として医薬品の保管期間に関する品質管理にはじまり、薬剤管理の帳簿や薬情
チェックなどの管理・確認業務、医薬品を取り扱うスタッフの管理です。



「製薬会社で働く場合は?」


同じ管理薬剤師として勤務するにしても、勤務先によって異なります。 製薬会社で勤務する
場合、監督官庁への対応や許認可申請の届出といった行政へ対応しなければなりません。


また、医薬品の使用期限や品質管理を行う在庫管理、医薬品の情報管理や問合せに対する
DI(Drug Information)などが製薬会社で勤務する場合の主な業務です。


上述した以外でもMRへの指導や勉強会の企画・開催、帳票類の作成やファイリングといった、
庶務的な仕事もあり、薬事法や薬剤師法などに関する法律の知識が求められます。



「ドラッグストアで働く場合は?」


ドラッグストアなど医薬品を各店舗に流通させる企業の場合、お薬相談や服薬指導にプラスして
顧客対応、在庫管理、棚卸し、医薬品を含めた取扱商品の陳列を基本的に毎日行います。


ドラッグストアでは、勤務する従業員の大半がパート・アルバイトです。このため、スタッフの管理
も管理薬剤師が自ら行なっているケースが圧倒的にお多いのが現状です。


中には店長と兼務するケースも少なくありません。そうなると必然的に経営に関しても携わること
になり、売れる商品の発掘や、POP広告の作成など販売促進も積極的に行わなければなりません。



「責任は大きいがそれに見合う対価も大きい」


管理薬剤師は薬剤師業務にプラスして、上述した様々な業務があります。これらを確実にこなさな
ければならないので、仕事は多岐にわたりますし、色々な意味で責任を負うことになります。


何かあれば全て管理薬剤師のもとへ問い合わせが来ます。これらの質問に全て答えなければなら
ないわけですから、正直慣れるまでの間は時間がいくらあっても足りません。


しかし、その分やりがいがあります。毎日の仕事が終わった後には充実感で満たされますし、管理
薬剤師として、手当もつきます。年収にして50万円程度プラスされますので、管理薬剤師を目指す
価値は十二分にあります。是非職場でスター社員を目指して下さい!。


| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »