「勤務先によって管理薬剤師として求められる物が違う!」


管理薬剤師になるにあたって特別な資格はありません。極端な言い方になりますが、薬剤師
として、ある程度経験を積めば、基本的に誰でも管理薬剤師になることができます。


管理薬剤師は、病院保険薬局、調剤薬局、ドラッグストア、医薬品卸業、製薬会社などに必ず
配置しなければならず、その業務内容や求められる知識などは、それぞれ異なります。


勤務先が求める条件を満たさなければ管理薬剤師には当然なれません。薬事法や薬剤師法
などの法律の知識や、医薬品の安全情報・品質情報に基づく確認および情報管理を行うため、
こなさなければならない仕事の量が尋常ではないほど多く、社内外の信用力が問われます。



「「管理薬剤師に求められるスキルとは?」


管理薬剤師を配置する全ての施設や企業、機関の管理薬剤師が上述したような条件を満たして
いるのかと問われますと、現状ではそこまで理想的な状況にはないようです。


人材を確保するのも難しい状況の中で人材を育成しなければなりません。このため、実際の現場
では、仕方なく実務経験の浅い薬剤師を管理薬剤師のポジションに配置するケースもあります。


そうなるとどうなるか?。当然のことながら不具合が多く、それぞれの部署を混乱させることになり
ますので、管理薬剤師になるには一定の基準を設けるべきだという声が少なくありません。



「「管理薬剤師としてキャリアアップするには?」


ドラックストアなどでは、医薬品の管理だけでなく、流出が激しいパートやアルバイトのマネジメント
義務もあります。このため、管理者としての人間性や高い倫理観がどうしても強く求められます。


実際に管理薬剤師として働くようになると、慣れるまで他の従業員と対立することも少なくないよう
です。立場が変わってしまうと、これまでのように同僚として気軽に接することができなくなります。


このため卓越したコミュニケーション能力とそれぞれの部署をまとめていくリーダーシップが必要
です。しかし、その反面、仕事のやりがいは大きいですし、給料も高いです。


管理薬剤師としてキャリアアップするなら、是非薬剤師専門の転職サイトをご利用下さい。圧倒的
な情報量と手厚いサポートによって、最初から最後まで全て無料でおこなってくれます。


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »