管理薬剤師の主な仕事内容から年収に関することまで幅広く解説しています。これから管理看護師 を目指す方必見です!。管理看護師として働くために必要な知識が身につきます。
「勤務先によって業務内容が異なる」 管理薬剤師は、病院保険薬局、調剤薬局、ドラッグストア、医薬品卸業、製薬会社といった、 医薬品の取扱いにはじまり、販売および製造を行う所に必ず配置しなければなりません。 薬事法によって義務付けられています
「勤務先によって管理薬剤師として求められる物が違う!」 管理薬剤師になるにあたって特別な資格はありません。極端な言い方になりますが、薬剤師 として、ある程度経験を積めば、基本的に誰でも管理薬剤師になることができます。 管理薬剤師は、病院保
「薬事法によって守られるものとは?」 薬事法は、医薬品や医薬部外品だけでなく、化粧品や医療機器などの取り扱いを定めるための 法律です。品質および安全性を確保することを目的に法として制定されました。 医薬品は実際に服用する人が効果などについ
「管理薬剤師はなぜ残業が多いのか?」 管理薬剤師は、他の薬剤師と比較しても勤務時間が長い傾向にあります。勤務先の業務に関する 様々なことを管理しなければならない立場にあるため仕方がありません。 薬事法で定められている管理薬剤師の勤務時間は
「管理薬剤師になるには?」 管理薬剤師になるために特別な資格は必要ありません。基本的には薬剤師であれば誰でも 管理薬剤師になれますが、薬事法や薬剤師法、医療保険等に関する深い知識が必要です。 ですので管理薬剤師になるには、それなりの経験が
「いろいろな手当について」 一般企業で働く場合、福利厚生として様々な手当が支給されます。健康保険、厚生年金、雇用 保険などは、雇用主が従業員に支給しなければならないものとして法的に義務付けられてます。 また、住宅手当、通勤手当、財形貯蓄と