「患者さんの向き合うには?」


病院薬剤師として働くにあたって大切なことは、いかに薬に対する患者さんの不安や疑問
を減らし、安心して薬を服用してもらえるようにすることです。決して簡単ではありません。


このためコミュニケーション能力を高める必要があります。自然にコミュニケーションを取れ
るようになりますと、患者さんの心のバリアがはずれ、不安や疑問も自然と解消されます。


患者さんが処方箋どおりに薬を飲まなかった場合、どうすれば飲んでもらえるか、患者さん
と相談しながら良い方法を考えます。この際に大切なのがコミュニケーションを取ることです。



「患者さんを説得しようとしない!」


そして、常に患者さんと目線を同じ位置に下げて考えなければなりません。もし錠剤が飲み
込めないなら粉薬に変更するといった具合に患者さんの立場にたって考えます。


医療関係者の方はどうしても患者さんに自分の考えを押し付けようとする傾向が強いです。
しかし、それでは患者さんの心を開かせることはできません。かえって逆効果です。


しっかり患者さんの考え方や気持ちを理解したうえで、薬を服用してもらうために、きちんと
説明しなければなりません。その際にもコミュニケーション能力がとても重要になります。



「病院薬剤師のメリット・デメリット」


病院薬剤師は医薬品の調剤だけでなく、製剤や医薬品管理、医薬品情報管理、薬剤管理
指導などを行うため、必然的に専門性を高めることができるため、やり甲斐があります!。


また、調剤薬局と異なり、患者さんの検査値やカルテを参照できますので、薬の副作用や
相互作用についての知識も高められるので、向上心の高い薬剤師さんにピッタリです。


終業時間も比較的早いうえに託児所を設けている病院も少なくないので、小さなお子さんが
いる女性薬剤師さんも無理なく働けます。しかし現状では病院薬剤師の求人は少ないです。
このため転職するうえで、より求人情報が重要となります。この点がデメリットです。



「病院薬剤師として転職するなら?」


転職コンサルタントというアドバイザーが絶対的に必要です。自分では自分自身を客観的に見る
ことはできないからです。「リクナビ薬剤師」では、キャリアアドバイザーが転職コンサルタント
として、手厚くサポートしてくれます。最高の転職はここから始まります!。


「リクナビ薬剤師」の公式サイトはコチラ >>


« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |