「病院薬剤師の現状について」


医薬分業が進む以前の病院薬剤師は圧倒的に調剤室で過ごす時間が多かったわけですが、
今では病棟での業務が確実に増えています。このためより高度な知識が求められます。


病院薬剤師の仕事は、単に薬を調剤するだけにとどまりません。患者さんの症状に最も合う
薬の種類から量にいたるまでを医師らと一緒に検討しなければなりません。


そして、その薬を病棟にて患者さんに服薬指導を行います。病院薬剤師はチーム医療の一員
として多くの役割を求められています。責任が大きい分、仕事は大変充実しています。



「病院薬剤師に最も求められるものとは?」


病院薬剤師は病棟業務を行う上で沢山の人達とコミュニケーションを取らなければなりません。
ですので、当然のことながら、コミュニケーション能力が問われることになります。


特に患者さんとのコミュニケーションは重要です!。「現在服用している薬」、「過去にアレルギー
や副作用を起こしたことがあるか」について、しっかり確認しなければなりません!。


そうした上で患者さんに服薬指導を行います。服薬する薬の名前や効果について十分説明した
うえで、薬の飲み方や副作用などについて詳しく説明しなければなりません。



「病院薬剤師の仕事について」


実際に治療が開始されても、処方された薬の効果や使用量などに関して定期的に確認します。
病棟に入院している患者さんの多くが何らかしらの不安を感じながら毎日を過ごしています。


ですので、病院薬剤師は患者さんの不安や疑問を出来るかぎり解消することを心がけながら、
少しでも安心して服用してもらえるように色々と工夫しなければなりません。


もし患者さんが処方箋どおりに薬を飲んでくれなかった場合は、どうすれば飲んでもらえるよう
になるのかを、患者さんとしっかりコミュニケーションを取りながら考える必要があります。


もし高齢のために錠剤が上手く飲み込めないのであれば、粉薬に変更するなど、患者さん目線
で物事を進められるようにするためにも、コミュニケーション能力は大変重要になります。



「病院薬剤師として転職するなら?」


転職コンサルタントというアドバイザーが絶対的に必要です。自分では自分自身を客観的に見る
ことはできないからです。「リクナビ薬剤師」では、キャリアアドバイザーが転職コンサルタント
として、手厚くサポートしてくれます。最高の転職はここから始まります!。


「リクナビ薬剤師」の公式サイトはコチラ >>


| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »