「治験コーディネーターの仕事で最も難しいのは?」


治験へ参加するか患者さん自ら納得したうえで決めますので、インフォームドコンセント
はいうまでもなく重要です。インフォームドコンセントを行うのは医師です。


治験コーディネーター(CRC)は、医師をサポートしますので、治験コーディネーターは、
常に患者さんと良好な関係を構築する必要があります。そうしないと上手くいきません。


患者さんからすれば、ただ医師から説明を受けるだけでなく、不明な点を質問して納得
したうえで同意したいと思っていますし、医師以外の人にも説明を受けたいと思っている
方が少なくありません。このため治験コーディネーターの役割は非常に重要です。



「治験コーディネーターの仕事で必要なものとは?」


実際に治験コーディネーターは医師の説明を補足するなどサポートすることによって、
患者さんの治験に対する疑問や不安を解消するのが仕事の一つです。


つまり患者さんと医師のパイプ役の機能を果たします。インフォームド・コンセントを取得
することは、治験コーディネーターの仕事のなかで最も重要とされています。


何度も申しています通り、治験コーディネーターや臨床開発モニターは治験の交通整理
のような役割を果たすため、仕事上接する人が多いことからコミュニケーションスキルが
非常に重要です。コミュニケーションスキルを高める努力がどうしても必要です。



「治験コーディネーターに向いている人とは?」


治験コーディネーターは、医師や被験者と接する機会が多いこともあって、実際に働く多く
の方は、薬剤師や看護師、臨床検査技師といった医療関連の資格を保有しています。


治験の仕事は、新薬を開発する上で重要な役割を果たすため、社会的意義が大きいので、
やりがいがあります。また企業側がスキルアップのための機会を積極的に与えてくれます。


キャリア志向の高い方にピッタリの仕事です。処方箋を待つという受身になりがちな薬剤師
の枠を超えて、活躍のフィールドを広げたいと願っている薬剤師さんにピッタリです!。



「治験コーディネーター(CRC)として転職するなら?」


転職コンサルタントというアドバイザーが絶対的に必要です。自分では自分自身を客観的に
見ることはできないからです。「リクナビ薬剤師」では、キャリアアドバイザーが貴方専属の
転職コンサルタントとして、手厚くサポートしてくれます。最高の転職はここから始まります。


「リクナビ薬剤師」の公式サイトはコチラ >>


« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |