「治験コーディネーター(CRC)とは?」


臨床開発モニター(CRF)と並んで治験コーディネーター(CRC)は、薬剤師として勤務
経験と確かな知識がある人達のキャリアチェンジの受け皿として人気の高い職業です。


基本的に治験コーディネーターは治験施設支援機関(SMO)という、医療機関に代って
治験業務を専門に行う企業に勤務するのが一般的とされています。


治験コーディネーターは医師をはじめ治験に携わるスタッフへ伝達事項の報告、被験者
(患者)への治験内容や薬の投薬に関する説明を行い、スケジュールの調整、検体処理、
書類作成の準備などが主な業務です。治験における交通整理を担っています。



「治験コーディネーターとして働くさいの注意点」


担当医師の指示に従いながら医学的判断を伴わない治験業務をサポートするのですが、
人間関係を円滑にしなければ仕事になりませんので、知識だけではダメなんです。


当然のことながら自分本位に仕事を進めようとすると必ず衝突することになります。それ
ぞれの立場をしっかり理解した上で治験業務を進めて行かなければなりません。


どうしても薬剤師として病院や調剤薬局などで勤務していたとき以上にコミュニケーション
スキルが必要になります。そして、伝えること以上に聞くことが重要になります。



「臨床開発モニター(CRA)との違いとは?」


治験コーディネーターは、臨床開発モニター(CRA)と業務内容が似ている点が多いので、
混乱されるかもしれませんが、それぞれの立場が微妙に異なります。


例えば臨床開発モニターは、製薬会社の立場から治験業務をサポートするのに対し、治験
コーディネーターは、医療機関の立場から治験業務全般をサポートします。


実際に治験を始めるにあたって、医師は治験薬を投与するために被験者から同意を得なけ
ればなりません。このため治験薬に関する十分な説明を行って文書で同意を得ます。これ
をインフォームド・コンセントといい、被験者の人権や利益を守るためのものでもあります。



「治験コーディネーター(CRC)として転職するなら?」


転職コンサルタントというアドバイザーが絶対的に必要です。自分では自分自身を客観的に見る
ことはできないからです。「リクナビ薬剤師」では、キャリアアドバイザーが転職コンサルタント
として、手厚くサポートしてくれます。最高の転職はここから始まります!。


「リクナビ薬剤師」の公式サイトはコチラ >>


| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »