「転職はタイミングが重要!」


薬剤師に限らず転職はタイミングが非常に重要です!。 見切り発車的に転職するのは非常
に危険ですので、いつ転職するかを決めてから、しっかり準備する必要があります。


転職を検討している方の中には、「ボーナスをもらうまで我慢しよう」と考える方が非常に多い
ので、ボーナスが支給されたあとに応募が増えていきます。つまり、ライバルが増えます。


例えば夏のボーナスが6月に支給され、7月に入ると応募者が徐々に増え、9月にピークを
迎えます。そして、冬のボーナスが12月に支給され、1月に入ると応募者が一気に増えて
そのまま1月にピークを迎えます。このため、この時期には求人広告が増えます。



「転職するベストタイミングとは?」


つまり、ピークを迎える9月と1月が狙い目と考えることができます。一般的には3月から4月
にかけて転職活動がピークを迎えるイメージがどうしても強いですよね。


夏の場合は、しっかり休んでから転職活動に動くケースが多いので、お盆休み明けから動き
だし、冬の場合は新卒入社を迎える3月を前に決めてしまいたいと考える人が多いようです。


この時期は転職するタイミングとしてはベストであるといえますが、必ず自分の希望する職場
へ転職できるという確かな保証があるわけではありませんので注意が必要です。



「あせると転職活動は失敗する?」


基本的に年間を通じて転職するチャンスはありますので、あせらずにタイミングを見計らって、
事前の働きかけが重要になります。そうすることで、より可能性が広がります。


働きかけとは転職活動のことです。ですので、在職中に転職活動するのがベストです。退職
してから集中して行おうと考える薬剤師さんが多いですが、お勧めできません。



「なぜ転職活動は在職中に始めるのが良いのか?」



薬剤師の仕事は多忙を極めるので、働きながら転職活動するのは大変です。しかし、退職後
に転職活動すると、一日中自由となり、どうしても精神面のコントロールが上手く出来ません。


そのような状態で転職活動を行っても、良い印象を与えるのは難しいので、応募しても不本意
な結果で終わるケースが多く、最悪の場合、キャリアダウンとなる可能性があります。


在職中であれば、試しに身分不相応の求人に応募することも余裕をもって出来ますし、試しに
何社か受けてみるといったこともできますので、在職中に転職活動することをおススメします。



「薬剤師の転職は全部おまかせ!」


薬剤師の転職は「 リクナビ薬剤師 」におまかせください。質の高い求人情報や履歴書、職務
経歴書の作成から面接対策までキャリアアドバイザーが親切丁寧に指導してくれます。

「リクナビ薬剤師」公式サイト>>


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »