「求人先が求めるものをしっかり理解する!」


基本的に薬剤師として求められる実務能力や人物像は求人先企業によって異なります!。
求人情報から「必要とするスキルや経験がどういったものなのか」しっかり把握します。


そして、自分自身の棚卸をしっかり行ないます!。これまで薬剤師として身につけたスキル
とキャリアを求人先に対してしっかりアピールしなければなりません!。


同業種であっても求人先によって求めるものが微妙に異なりますので、求人情報から求め
ているスキルや経験を把握し、自分のスキルや経験から生かせるものを洗い出します。



「自分のこれまでのキャリアに合致するか確認する」


求人先が求めている実務能力を理解せずに職務経歴書を作成しても、採用担当者の目に
とまることなくスルーされるだけです。興味がないことが書き綴られているだけだからです。


これでは、ネットで無料でダウンロードできるひな形を真似て作成しても意味がありません。
必ず求人先企業が求めているものを必ず把握してから次のステップに進みましょう。


そうした上で職務経歴書には、これまでの職務経験から求人先企業で発揮できる実務能力
を記入します。もちろん求人先企業が求めるものと合致していなければなりません。



「職務経歴書でアピールすべき点とは?」


そして、それを裏付ける経験や実績を記入します。しかし、もし発揮できる能力が浮かんで
こないのであれば、求人先が求めるスキルや経験が足りていない可能性が高いです。


この状態で応募しても採用される可能性は低いです。反対に裏付ける経験やスキルがある
のであれば、求人先企業で発揮できる貴方の強みを箇条書きで書いていきます。


こうすることで人事担当者の目にとまるはずですし、良い印象を持ってもらえることでしょう!。
経歴を羅列してもだめです。必ず求人先が求めるスキルや経験を自身の経験に合致してる
点を最大の武器としてアピールしたものを作成してください!。



「最短で希望通りに転職するには?」


転職コンサルタントというアドバイザーが絶対的に必要です。自分では自分自身を客観的に
見ることはできないからです。「リクナビ薬剤師」では、キャリアアドバイザーが貴方専属の
転職コンサルタントとして、手厚くサポートしてくれます。最高の転職はここから始まります。


「リクナビ薬剤師」公式サイト>>


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »