「まずやらなければならないこととは?」


新卒と異なり、中途採用の場合は、当然のことながらこれまでの経験が問われますので、
実務能力や薬剤師としての仕事に対する思いなどが応募書類や面接で見極められます。


ですので、しっかりと自己分析する必要があります。一薬剤師として自分の強みも分から
ずに下手な鉄砲も数打ちゃ当たるとばかりに応募しても上手くいきません。


そのためにも、まずは転職する目的をしっかり明確にしたうえで、薬剤師としてのセールス
ポイントは何か、また、弱点は何か、その弱点をどう克服すべきか、自己分析が必要です。



「なぜ上手く行かないのか?」


すぐに転職先が決まれば良いのですが、思ったように上手くいかないと次第に焦りが生じて
しまいます。そして意味もなく応募を繰り返してしまうのです。これでは上手くいきません。


自分の最大の武器は何か明確にした上で、その武器を売り込まなければならないにもかか
わらず、ただ「働きたい」、「働かせて欲しい」と求人先に訴えても、相手は引くばかりです。


しっかり自己分析を行ない、「薬剤師としての最大の武器は何か?」を明確にすることにより、
応募書類や面接で自分自身の何をアピールすればよいのか明確になります!。



「自分の最大の武器をアピールする!」


残念ながらどんなにキレイな言葉でこれまでの経歴を書き綴っても人事担当者には興味を
持ってもらえません。結果として面接までいたらずに不採用となってしまいます。


貴方は貴方自身の営業マンです。貴方という商品を紹介して買ってもらうのに、「手にとって
みて気に入ったら買って下さい」と言われて、商品を買ってもらえるでしょうか?。


恐らく「NO!」でしょう。これまで薬剤師として培った能力を、応募企業で発揮して、将来的な
目的を達成することを人事担当者にきちんとアピールしなければなりません。



「最短で希望通りに転職するには?」


転職コンサルタントというアドバイザーが絶対的に必要です。自分では自分自身を客観的に
見ることはできないからです。「リクナビ薬剤師」では、キャリアアドバイザーが貴方専属の
転職コンサルタントとして、手厚くサポートしてくれます。最高の転職はここから始まります。


「リクナビ薬剤師」公式サイト>>


| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »