履歴書は貴方の魅力を最大限にアピールするものです。求人先の人事担当者の心を鷲掴み にする履歴書の作成について分かりやすく解説しています!。
「使用する履歴書を検討する!」 履歴書の「趣味・特技欄」を軽視する薬剤師さんが少なくありません。薬剤師は特殊なスキル を持つスペシャリストですから「適当でいいや」と考えるのも無理もありません!。 使用される履歴書によっては「趣味・特技欄」
「性格についてどう書くべきか?」 薬剤師は国家資格がなければ職に就くことさえできません。当然のことながら社会的評価も 高いわけですが、それゆえに何でもないようなことに悩まされることが少なくありません。 仕事だけでなく、履歴書を作成するにあ
「履歴書から家族欄が消えた理由」 家族構成を示す家族構成欄がある履歴書は市販されている物に関しては一切ありません。 本人に関係のない情報を求めるのは望ましくないとする意見が広がったためです。 面接でも両親の職業など、本人の能力や経験以外の
「記入漏れが許されない欄とは?」 本人に関係のない情報を求めるのは望ましくないという理由から、家族構成などを履歴書内 に記載必要はありません。「家族構成欄」がある市販の履歴書は無くなりました。 しかし、「 扶養家族数 」と「 配偶者の有無
「隠そうとすると失敗する?」 薬剤師の仕事は、人の命にかかわるので常に完璧が求められます。しかし、薬剤師といえ ども人間ですから、欠点や弱点が必ずあります。これらを隠そうとすると失敗します。 履歴書や職務経歴書の中で欠点や弱点をひたすら隠
「転職回数が多く勤務年数が短い」 薬剤師は具体的な数字で示すことはできませんが、他の職種と比較しても、一つの勤務先 に長期間に渡って勤務するケースが圧倒的に多く、転職を繰り返すケースが少ないです。 ですので、転職回数が多くて勤務年数が短い
「なぜ就職しなかったのか?」 薬剤師の国家資格を無事取得し、大学を問題なく 卒業したにもかかわらず、希望する就職先 に出会うことが出来なかったため、就職浪人に甘んじるケースが少なくありません。 実際にドラックストアなどでアルバイトしながら
「応募書類の重要性について」 薬剤師として転職活動する場合、応募書類の作成から始まります。例え求人先の応募条件 を満たしていたとしても、書類選考に通らなければ面接まで進めることができません!。 これでは当然のことながら内定を得ることができ
「転職と就職の違い」 薬剤師として初めて転職する場合、どうしても新卒で就職したときのイメージが強く残ってる ので、戸惑うことが多いでしょう。とういのも転職と就職では求人の形態が異なるからです。 新卒の就職の場合、ある一定の期間内求人情報が
「まずは自己分析!」 転職するにあたって、必ず応募書類を作成するわけですが、まずは薬剤師として、これまで に培ったスキルやキャリアをもとに自己分析する必要があります!。 特に転職理由と志望動機を書く上で重要になります。この二点は、面接担当