履歴書は貴方の魅力を最大限にアピールするものです。求人先の人事担当者の心を鷲掴み にする履歴書の作成について分かりやすく解説しています!。
「マニュアル表現は控えましょう!」 正社員として働くために応募したわけですから、求人先の事業について詳しいのは当たり前 なのですが、残念ながら薬剤師さんの多くが求人情報以上のことを調べようとしません。 そうすると志望動機として「事業内容に
「薬剤師としての評価を下げる志望動機とは?!」 やはり求人情報を正しく読み込む必要があります。そうしないと志望動機が思いっきりぶれて しまいます。特に薬剤師としてキャリアチェンジする方は注意してください!。 未経験の職種・業界に転職する場
「マニュアル表現は控えましょう!」 薬剤師の仕事は人の命にかかわる仕事なので業務全般において責任が問われてしまいます。 中途採用で募集をかける求人先の採用担当者はどんなに細かい点も見逃しません!。 書類選考から面接まで全て原点方式です。で
「マニュアル表現をアレンジする!」 薬剤師という仕事柄、どうしても志望動機のような自由形式な表現が求められると難しく考え てしまうため、前に進めなくなりますので、多くの薬剤師さんがマニュアル表現を使用します。 「書き方本」のマニュアル表現
「精神論だけでは説得力がない!」 薬剤師として未経験の職種に転職するさいに注意したいのが、履歴書の志望動機の内容です。 未経験ということを必要以上に負い目に感じてしまうと方向性が定まりません。 特にありがちなのが精神論で押し通そうすること
「求人先について徹底的に調べる!」 実際に薬剤師としてのキャリアは高く評価されますが、違う職種に転職するとなると簡単には いきません。薬剤師の資格以外に接点がない場合は採用担当者も疑念を抱きます。 ですので、調剤薬局での調剤業務から製薬会
「同職種だからといって楽観視しない!」 薬剤師の転職に限らず、同職種への転職は未経験の職種へ転職するよりも有利であると考え がちです。残念ながら必ずしもそうとはいいきれないので、楽観視するのは危険です。 例えば薬剤師として「調剤業務」を5
「前職の批判は絶対に避ける!」 薬剤師として同職種に転職する場合、「なぜ同職種に転職するのか?」という問いに対して適切 な答えを用意しなければなりませんの、「志望動機欄」は絶対にあなどれません!。 答えによっては求人先の採用担当者の懸念を
「退職理由は絶対に記入する!」 使用される履歴書のタイプによっては「 退職理由欄 」がありません。こうした場合退職理由は 書かなく手も良いのかと問われれば答えは「NO」です。必ず記入しなければなりません。 志望動機の欄を使って簡単に退職理
「直球はNG!」 履歴書にある「本人希望記入欄」を誤解されている薬剤師さんが少なくありません。残念ながら 「本人希望記入欄」ただ希望を記入すれば良いというわけではありません!。 ただ本人の希望を書けばいいのなら、給料が高くて残業が少ない方