「学歴ブランクを有利にアピールするには?」


薬科大学をストレートで入学・卒業できれば良いですが、「 浪人・休学・留年 」 を繰り返して
卒業される方も少なくありません。このため学歴欄に記入するうえで迷うことになります。


しっかり薬剤師としての経験を積まれている方であれば、仮に卒業年度が1~2年程度ズレ
ているとしても特に問題視されませんので、細かく学歴に触れなくても大丈夫です。


最終学歴のみの履歴書用紙を使用すれば特に問題ありません。そうすることによって学歴
ブランクについて書かずにすみます。これも自分を有利にアピールする一つの方法です。



「学歴を詳細に記入しなければならないケースとは?」


しかし、経験が少ない若い薬剤師さんの場合は そうもいきません。3年以上学歴ブランクが
ある方の場合は無理に最終学歴だけ書こうとすると逆に怪しまれますので注意しましょう。


ただでさえ経験が少ないわけですから、不信感を抱かれてしまうことにより、かえって不利
に働くことになりますので、できるだけ詳しく学歴を記入すべきです。


また学歴欄以外に事実情報を盛り込んでおくことによって信憑性が高まります。例えば大学
を休学してワーキングホリデーで海外で1年間生活していたとします。そのことを書けば良い
わけです。そこで感じたこと学んだことも一緒に書き添えると良いでしょう!。



「一度中退して他の大学に入り直した場合」


何らかの理由で大学一度中退して他の薬科大学に入学した場合は、必ず理由と一緒に詳細
を記入しなければなりません。採用担当者に下手に不信感を抱かれないためです。


一度大学を中退し、薬剤師として社会に出てからも長続きしなかったと思われないようにする
ためにも重要です。しっかり理由を書けば、マイナスイメージを抑えられます。


上述した以外にも、もし、履歴書に記入しているさいに、書いた内容によって、マイナスイメージ
を与えてしまうリスクがあると判断したら、できるだけ詳しく書くようにしましょう!。



「履歴書や職務経歴書の作成も全部転職サイトにおまかせ!」


転職コンサルタント というアドバイザーが絶対的に必要です。「 リクナビ薬剤師 」は、履歴書
や職務経歴書の作成もキャリアアドバイザーが親切丁寧に指導してくれます!。


「リクナビ薬剤師」公式サイト>>


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »