「医薬情報担当者(MR)の仕事は責任が大きい」


医薬情報担当者(MR)は、自社製品に関する正確な情報を医療関係者に伝えなければなり
ません。当然のことながらMRの日々の業務における責任は非常に大きいです。


薬学に関する知識と医薬品を取扱う経験が豊富であるため、薬剤師として調剤薬局や病院
などで勤務した経験は製薬会社側から高く評価され、即戦力となる人材として重宝されます。


実際に薬剤師さんがMRへキャリアチェンジするケースも少なくありません。しかし、いきなり
MRの業務につけるかといえば、年々厳しくなっているため教育・研修が必要となります。



「MR認定試験とは?」


実際に製薬会社の大半が医療情報担当教育センターが主催している「MR認定試験」をMR
に受験させています。合格率は8割程度ですが、だからといって簡単ではありません。


「MR認定試験」の中身についてですが、試験は疾病と治療・薬理学・医薬概論・製造販売後
調査(PMS)などで構成されています。試験に無事合格するとMR認定証を取得できます。


医療及び医薬品は常に進化していますし、治療法や取り扱いに関する法もめまぐるしく変化
しているのでMR認定証のような資格が求められるのは当然のこととされています。



「MR認定証の重要性について」


MR認定証は一度取得すれば未来永劫使えるというわけではありません。しっかり有効期限
が儲けられています。ちなみにMR認定証の有効期限は5年間となっています。


MR認定証を更新するためには社内にて200時間以上の研修を受けなければなりません!。
MRとして働くためにMR認定証が絶対に必要というわけではありません。


しかし、コンプライアンスを厳格化している医療機関が多いことから、実際にMR認定証がない
と訪問すらさせない病院が増えていますので、MR認定証は必須と考えた方が良いでしょう。



「医薬情報担当者(MR)として転職するなら?」


転職コンサルタントというアドバイザーが絶対的に必要です。自分では自分自身を客観的に
見ることはできないからです。「リクナビ薬剤師」では、キャリアアドバイザーが貴方専属の
転職コンサルタントとして、手厚くサポートしてくれます。最高の転職はここから始まります。


「リクナビ薬剤師」の公式サイトはコチラ >>


« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |