「医薬情報担当者(MR)は病院の規模で担当を振り分けられる」


医薬情報担当者(MR)が担当する医療機関は開業医(クリニック)、中小病院、大学病院
ごとに分けられますので、全ての医療機関を満遍なく担当するといったことはありません。


それぞれの医療施設ごとに担当者が決められると同時に「東京都千代田区内の開業医」、
「横浜市内の中小病院」といった形で医薬情報担当者の担当するエリアも決まってます。


当然のことながら担当する医療施設によって対応の仕方は異なります。開業医と大学病院
では規模も中身も大きく異なりますので、同じように仕事を進めるわけにはいきません。



「担当の医療施設にあわせて仕事の進め方が異なる」


医薬情報担当者の仕事自体は自社の医薬品の情報提供ということに変わりはありません。
しかし、それぞれの医療施設で働く医療関係者に合わせなければ仕事になりません。


例えば開業医の医師であれば、面と向かって話し込むことも出来ますが、大学病院の場合
分刻みで仕事をこなさなければならないので、数分程度で情報提供することも多いです。



「医薬情報担当者(MR)の平均年収は高い?」


大手製薬会社に勤務する医薬情報担当者(MR)の平均年収は、800~1,100万円とされて
います。調剤薬局やドラックストアに勤務する薬剤師よりもはるかに高給です。


しかし、その代わり医薬情報担当者の仕事は超多忙です。中小病院を担当する場合、一日
平均30人程度医師と面会することになります。勿論同じ病院の医師ではありません。


だからといって開業医(クリニック)は楽かといえば、そんなことはありません。最低でも毎日
10件以上訪問しなければなりません。次の訪問先に移動するだけでも一苦労です。



「医薬情報担当者(MR)として転職するなら?」


転職コンサルタントというアドバイザーが絶対的に必要です。自分では自分自身を客観的に
見ることはできないからです。「リクナビ薬剤師」では、キャリアアドバイザーが貴方専属の
転職コンサルタントとして、手厚くサポートしてくれます。最高の転職はここから始まります。


「リクナビ薬剤師」の公式サイトはコチラ >>


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »