「医薬情報担当者(MR)の仕事とは?」


医薬情報担当者(MR)は、医薬品の適正利用を促すために医師をはじめとした医療関係者
と面談をして、医薬品の有効性・安全性などに関する情報を正しく提供するのが仕事です。


このため当然のことながら医療、薬学に関する深い知識が必要となります。そして、医薬品
に関する情報収集も重要な仕事であるため、薬剤師の資格を持つ方が沢山従事しています。


医薬情報担当者(MR)は、仕事の中心が医師や薬剤師といった医薬品に関する情報交換
となるため、医療・医薬品分野におけるスペシャリストとしての役割を強く求められます。



「人の命に関わる重要な仕事」


医薬品は人の命にかかわることなので正しく情報を伝達しなければなりません。ですので、
医薬情報担当者は製薬会社の代表として自社製品を医師に紹介するだけではありません。


医学的知識や薬学的知識に基づく情報提供は勿論のこと、治療における有効性を示す物
を証拠として示さなければ、誰も信用しません。このため膨大な資料を用意します。


医薬情報担当者は、こうした資料をもとに有効性・安全性など正しい情報を提供することに
よって、医療関係者は患者さんに対して正しい治療が行うことができるわけです。



「情報をフィードバックするのも重要な仕事!」


医薬品を納入して医療現場で使用してもらえばそれで終わりというわけにはいきません!。
実際の効果や副作用に関する情報をヒアリングし、フィードバックするのも重要な仕事です。


医薬情報担当者(MR)は、医療関係者から聞き取りした情報を研究開発部門に伝えるだけ
でなく、勉強会や研究会を企画することで、相互関係の充実をはかったりもします。


そうすることによって、確実に医療と医薬品の発展に貢献しているわけですから、医薬情報
担当者(MR)の果たす役割は非常に重要ですし、今後さらに重要度が増すことでしょう。



「医薬情報担当者(MR)として転職するなら?」


転職コンサルタントというアドバイザーが絶対的に必要です。自分では自分自身を客観的に
見ることはできないからです。「リクナビ薬剤師」では、キャリアアドバイザーが貴方専属の
転職コンサルタントとして、手厚くサポートしてくれます。最高の転職はここから始まります。


「リクナビ薬剤師」の公式サイトはコチラ >>


| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »