医薬情報担当者

医薬情報担当者(MR)の仕事の中身から、薬剤師として培ったキャリアを生かして医薬情報担当者 として転職及びキャリアチェンジするポイントについて分かりやすく解説しています。
医薬情報担当者(MR)とは?
「医薬情報担当者(MR)の仕事とは?」 医薬情報担当者(MR)は、医薬品の適正利用を促すために医師をはじめとした医療関係者 と面談をして、医薬品の有効性・安全性などに関する情報を正しく提供するのが仕事です。 このため当然のことながら医療、
医薬情報担当者(MR)の平均年収はなぜ高いのか?
「医薬情報担当者(MR)は病院の規模で担当を振り分けられる」 医薬情報担当者(MR)が担当する医療機関は開業医(クリニック)、中小病院、大学病院 ごとに分けられますので、全ての医療機関を満遍なく担当するといったことはありません。 それぞれ
MR認定証がないとMRとして働くことができないは本当?
「医薬情報担当者(MR)の仕事は責任が大きい」 医薬情報担当者(MR)は、自社製品に関する正確な情報を医療関係者に伝えなければなり ません。当然のことながらMRの日々の業務における責任は非常に大きいです。 薬学に関する知識と医薬品を取扱う