女性薬剤師さんの多くが結婚後にパート薬剤師として働きます。安易に自宅付近で働く のは危険です。できるだけ長期間にわたって無理なくパート薬剤師として働くための ポイントについて分かりやすく解説しています。
「 薬剤師として働くことをあきらめない! 」 女性は結婚・出産を機に仕事を辞めるケースが多く、女性薬剤師も例外ではありません。 そして、子育が一段落すれば、家計を助けるために外に働きにでることを検討します。 そこで問題となるのが、復
「 子育と仕事の両立は大変です! 」 薬剤師の約6割は、女性ですので女性が多い職業です。女性は結婚・出産を機に一度は 仕事を辞めることとなり、復帰するにあたっても決して容易ではありません。 「子育」と「仕事」を両立させなければならな
「 扶養を外れることによる影響を考える! 」 パート薬剤師の求人を探すにあたって、時給と働く頻度について考える必要があります。 せっかくパート薬剤師として一生懸命働いても損をしてしまう可能性があるからです。 例えば専業主婦として家事
「 まず働き方を決める 」 年収が100万円を超えれば、年収額に対し10%の住民税が課税され、さらに130万円を 超えると扶養控除が外れてしまうので、自ら国民健康保険に加入しなければなりません。 パート薬剤師の時給は比較的高めに設定
「 子育中のママさんも安心して働けます! 」 子育があるため正社員や派遣でフルタイムで働くよりも、パートやアルバイトで家庭と仕事 を両立出来る範囲内で薬剤師として働き、家計を助けたいと考えている方が多いです。 数年前とは比較にならな
「 パート薬剤師のデメリットについて 」 パート薬剤師として働くにあたって、当然のことながらメリット・デメリットがあります。 確かにパート薬剤師の時給は、他の業界と比較すれば段違いに高いです。しかし、薬剤師 という専門性の高い知識と
「 薬剤師の資格は絶対に生かしましょう! 」 薬剤師の約6割が女性であるため、パート薬剤師の大半は女性です。 もし結婚・出産を機に仕事を辞め、子育も一段落し、家計を支えるために働きに出ようと 考えているのであれば、「薬剤師の資格」を
「 パート薬剤師の時給は地方の方が高い? 」 パート薬剤師の時給についてですが、 「 ドラッグストア 」なら時給1,500円~2,000円 そして、「 調剤薬局 」なら2,000円~2,500円が相場とされています。 一般のパート求
「 夜間の時給はさらに高額 」 薬剤師さんの仕事は、例えパートやアルバイトであっても、他の業種では考えられない ほど「高時給」が期待できます。求人の大半が2000円前後の時給を提示しています。 これは日勤のパート・アルバイトの平均的
「 夜間のパート・アルバイトの最大のメリット 」 夜間のパート・アルバイト薬剤師求人は、とにかく「 時給 」が高いです。時給3,000円 前後の求人は普通にありますので、これが最大のメリットとなります。 また、夜間であるため昼間