「 管理薬剤師もパートの時代へ 」



最近の薬局やドラックストアは、医薬品だけでなく日用品まで幅広く取り扱っています。


商品をただ並べれば良いというわけには生きませんので、各店舗全体のマネジメントを行う
「管理薬剤師」を配置しなければなりません。これは法によって定められています。


最近では、 ドラックストア業界の過当競争がこれまで以上に激化したことから、 より人件費
をおさえるために、管理薬剤師さえもパートで雇用するケースが増えています。


【 薬剤師限定 】 通勤30分以内! 550万円以上の求人あり! >>





「 雇用側と求職者の意識の問題 」



薬剤師の資格があれば、パートやアルバイトでも管理薬剤師として勤務することは何ら問題
はありません。しかし、管理薬剤師として働く側の意識が問われることになります。


なぜなら「 管理薬剤師 」ともなればパートといえど、一般の会社に勤務することを考えれば、
ありえないくらい高い賃金が支給されるので、雇用側から相当のことを求められます。


ですので、「パートなのに管理薬剤師って、こんなに時給が高いんだ」くらいの気持ちで応募
すると、採用後に実際に働くようになってから、おもいっきり後悔することになります。





「 パートといえど尋常ではない仕事量 」



間違いなく「パートなのにここまでやらなければならないの?」と思うことでしょう。


ドラックストアの管理薬剤師ともなれば、医薬品に限らず、雑貨や食品など全商品の発注、
納品確認、端末入力、返品処理、商品のレイアウトや全スタッフのシフト管理も行います。


これだけのことをパートといえども業務としてこなさなければならないので、「気軽な気持ち
で応募してしまうと大変」と、いう意味がこれでお分かりいただけると思います。





「 パート・アルバイトに求められるものとは? 」



広くサービス業を見渡してみても同じような状況にあります。とくに外食産業などは、すでに
店長がパートやアルバイトであることが珍しくなくなりつつあります。


ですので 今後はこれまでのように「パートだから」、「アルバイトだから」といって軽い気持ち
で働くことは出来なくなり、より重い責任を押し付けられることを覚悟する必要があります。


【 土日休み、残業なし、家近、駅近 】 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人 >>


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »