「パート薬剤師さんの社会保険」


パート薬剤師さんの大半が女性です。子育や家事があるため正社員ではなく、時間を有効
に使うためにパート薬剤師として働くケースが多いわけですが、問題は社会保険です。


正社員となれば社会保険に加入するのが一般的ですが、 「パート薬剤師」として調剤薬局
などに勤務する場合、一定の条件を満たさなければ加入できないのが一般的です。


【 土日休み、残業なし、家近、駅近 】 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人 >>





「社会保険に加入する条件とは?」


基本的にパートやアルバイトなどの非正規雇用の場合、健康保険、厚生年金は、所定労働
時間が正社員の4分の3以上に達すると加入義務が生じることになります。


例えば、今現在勤務されている調剤薬局やドラックストアの正社員の方々が、会社側が規定
する就労規則に従って働く所定労働時間が週40時間であると仮定します。


その場合、週30時間以上働くとパート薬剤師さんでも加入義務が生じます。





「パート薬剤師さんが悩まされる問題とは?」


このため雇用する側も出来るだけ従業員にかかる社会保険の負担を抑えるため、条件を超え
ないように勤務時間を抑えているわけですが、ここでパート薬剤師さん側に問題が生じます。


家計を助けるためにある程度の稼ぎを得ようと思ったら、当然のことながら旦那様の扶養から
外れなくてはなりません。このため扶養をはずれて国民健康保険に加入することになります。


もしくは勤務時間をさらに伸ばして社会保険に加入できるように勤務先の会社と相談する必要
があります。こうした問題に悩まれるパート薬剤師さんが非常に多いです。





「迷わず相談すべき相手とは?」


家庭を優先させるために国民保険でも仕方ないと思いながらも、将来のことを考えて健康保険
や厚生年金に加入したほうがいいのではないかと悩むパート薬剤師さんが多いです。


そうした家庭の事情などを考慮したうえで勤務先を選ぶ必要があります。しかし、自分で色々と
判断するのは難しいので、ここでも薬剤師転職サイトを利用するのが得策となります。


過去に同じような悩みを抱えたパート薬剤師さんの問題を解決してきた実績がありますので、
適切なアドバイスを受けられますし、それに合わせた求人先を探すことが出来ます。


【 薬剤師限定 】 通勤30分以内! 550万円以上の求人あり! >>


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »