「ドラックストアは薬剤師求人が多い!」


薬剤師の求人が最も多いのがドラッグストアです。また年齢層の幅も広いので比較的転職
しやすく、40代、50代の薬剤師さんの転職先としても人気が高いのが特徴です。


ドラッグストアはここ数年で飛躍的に増えました。健康食品をはじめ、衛生材料、衛生用品
などの幅広い品揃えによって、スーパーやコンビニを脅かす存在となりました。


医薬品や日用品の販売だけでなく、調剤室を店内に設置して調剤業務を行っているドラッグ
ストアもありますので、ドラッグストアによって薬剤師に求められる役割が微妙に異なります。



「調剤業務を行うドラックストアが増えている」


調剤業務を行なっているドラックストアは、調剤薬局と同じく調剤から投薬までの一連の業務
を行なっています。各地域におけるドラックストアの役割と利便性は飛躍的に高まってます。


このため薬剤師さんに求められる役割も増えていまして、調剤とOTC薬販売の両方を求める
ケースが多いことから、調剤しかやりたくないという希望は受け入れられないようです。


経験のある薬剤師さんにOTC薬の販売までお願いするというのは正直プライドが傷つけられ
ることでしょう。しかし、お客様と直接触れ合うことに喜びを感じている方も少なくありません。



「ドラックストア側が薬剤師に求める役割とは?」


ドラッグストアに勤務する薬剤師さんの仕事の大半はOTC薬の販売です。調剤薬局や病院
から転職される薬剤師さんにとっては初めての経験となるので色々戸惑います。


薬剤師さんは、お客様から医薬品に関する疑問や要望、もしくは何らかの症状をヒアリング
したうえで、お客様にあったOTC薬を選んで、服薬方法までをしっかり指導します。


もし、OTC薬では対応できないと判断した場合は受診を勧める場合もあります。注意したい
のは、処方箋を持ってきたお客様が、ついでにサプリメントを購入するケースです。処方箋
に記載せれた医薬品とサプリメントを併用しても問題ないか判断するのも重要な仕事です。



「高給与が期待できるドラックストアへ転職するなら?」


転職コンサルタントというアドバイザーが絶対的に必要です。自分では自分自身を客観的に見る
ことはできないからです。「リクナビ薬剤師」では、キャリアアドバイザーが転職コンサルタント
として、手厚くサポートしてくれます。最高の転職はここから始まります!。


「リクナビ薬剤師」の公式サイトはコチラ >>


| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »